Follow

そういえばノストラダムスの予言で思い出した事がある。1999年七月の朝。いつものように目を覚まし起きると妙な違和感を感じた。

窓から射し込む朝日の光の色がやけに真っ赤な色をしてた。ただ朝日の光が真っ赤な色をしていたことを今でも鮮明に覚えている。でも、それ以外は普通の日常生活だった。

当時はそんなに気にしなかったけど、よくよく考えてみたら私はいつの間にか異世界に飛ばされたのでは?と思っている。

Sign in to participate in the conversation
オカどん

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!